深夜2時の交換日記「期待の1ページ」



書き留めておきたい日々を記し始めて、1年以上が経つ。

振り返ってみると、そこには今はもう知っている未来に期待する内容がたくさん書かれていた。

すでに答えを知っている自分からすると、その時書いた気持ちはあまりにも正直で、今では誰にも言えないような内容になっていた。

でもそれは、過去の自分からすると正直な気持ちだったりして。

そんな自分が今では何も知らずに初々しいな、と微笑ましく感じたりする。

これからたくさん泣いたり、笑ったりする未来を知っている今の自分から過去の自分へメッセージを。

Writer / ゆき

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

〰︎ よかったらシェアお願いします 〰
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次