梅雨だからこそ美しい、紫陽花の名所 2選

こんにちは、まくです。

今回は、梅雨の時期にぜひ訪れてほしい!愛媛県にある紫陽花の名所を2ヶ所ご紹介します!

晴れの日はもちろん、雨の日にもその美しさを存分に楽しむことができる紫陽花。
憂鬱な気分になってしまいがちな今だからこそ、ぜひ花たちに会いに行ってほっこり癒されていただけたらと思います!

目次

1.新宮あじさいの里(四国中央市新宮町)

まず最初にご紹介するのは、四国中央市新宮(しんぐう)町の「新宮あじさいの里」。

新宮ICから車で約15分。山道を道なりに進んでいくと、右側一面に紫陽花が咲いている様子が見えてきます!

園内に数ヶ所設置されている「あじさいロードマップ」や看板を頼りに山道をのぼっていくと、里山の空気感と紫陽花の色に心安らぐ、癒しの景色を見ることができます!

晴れの日ももちろん綺麗なのですが、曇りや雨の日に行くのもおすすめです!
しっとりした空気感と紫陽花の淡くもしっかりと魅せてくれる色が相まって、憂鬱になりがちなお天気の日を少し華やかに感じることができますよ。

また、園内には山の斜面に咲く紫陽花を間近で楽しみつつ移動できるモノレールがあります!

2022年は、6月11日〜7月3日の10:00〜16:30まで運行しているそうです。
片道500円で乗ることができますので、訪れる際はぜひそちらもチェックしてみてくださいね!
(詳しくは四国中央市観光協会さんのHPへ)

2.稲積癒しの里山(大洲市稲積)

もう1ヶ所は、大洲市稲積(いなずみ)の「稲積癒しの里山」。大洲南ICから車で約10分。
道中に建てられた案内板を頼りにしばらく道なりに進んでいくと、ひょっこりと景色が開けてきて…

同時に、「ようこそ稲積癒しの里山へ」という看板と心癒される優しい景色がお出迎えしてくれます!

園内を道なりに進んでいくと、まるで物語の世界に迷い込んだかのよう。
緑豊かなトンネルを彩る色とりどりの花たちに、一歩足を進めるごとに癒しとときめきをもらえますよ。

また、紫陽花のトンネルを抜けると、一面に広がる里山の景色を見ることができます。

緑豊かな優しい景色と空気感に、ただそこにいるだけでほっこり癒されます。

また、5月下旬〜6月上旬は菖蒲(しょうぶ)の花の淡く美しい色と緑豊かな里山とのコラボレーションも楽しめますよ。
ぜひ、何度でも訪れてその時期ならではの景色や空気感を楽しんで頂けたら嬉しいです!
(詳しくは、稲積癒しの里山 花菖蒲園さんのHPへ)

さいごに

いかがだったでしょうか?

今回は、梅雨の時期にぜひ訪れてほしい!紫陽花の名所を2ヶ所ご紹介させていただきました。

昨年や一昨年ほどではないものの、まだまだ遠出しにくい日々が続いています。
ですが、そんなときだからこそ愛媛県内のちょっと非日常を感じられる場所を訪れて、ほっこり癒されてはいかがでしょうか?

また、今回ご紹介した場所は2ヶ所とも道中の道幅や駐車場が広いわけではないので、見頃の時期は混雑が予想されます。
訪れる人も地元の方々も、みんなが心地よく過ごせるように配慮しつつ、安全第一で楽しんでいただけると嬉しいです!

今回ご紹介した場所一覧
①新宮あじさいの里
〒799-0302 愛媛県四国中央市新宮町上山3336

②稲積癒しの里山
〒795-0007 愛媛県大洲市稲積

まく– Writer / Photographer

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

〰︎ よかったらシェアお願いします 〰
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる